JASH

Japanese Association of Sexual Health

topicpath

What's New

直近のJASHの活動はfacebookおよびTwitterで報告しています。

2017/3/16 代表交代のお知らせ 

こんにちは!
JASH副代表の猪俣です。

いつも応援ありがとうございます。
2016年度もJASHは講演と中高生向け子ども食堂と精力的に活動してまいりました。

すでにJASHクルーの皆様にはメールにてお知らせをいたしましたが、本日は、代表交代のアナウンスをさせていただきます。

諸事情により、代表の山口が今月末で辞任をすることになりました。後任はともに活動をしてきた、はるです。現代表と次期代表からご挨拶をさせていただきます。新しく生まれ変わるJASHの今後にご期待ください!

------------
■山口より
こんにちは! 代表の山口です。
実は、個人的な事情があってJASHの代表を続けることができなくなりました。新しい代表は、ずっと一緒に活動してきたQueer&Allyのはるです。当面JASHは彼を中心に、LGBTs関連の講演活動などに注力していく方針です。今後も引き続き、JASHの活動をあたたかくご支援いただけたら幸いです。

これまで未熟な僕を応援し、支え続けてくださったこと、決して忘れません。これからは僕にできる形でJASHのことを応援していきます。理事のみんな、クルーやサポーターのみなさん、出会ったたくさんの方々、これまで本当にありがとうございました!

ご縁に感謝!
山口 いわお

------------
■はるより
新代表になりました、はると申します。
いままで、JASHのなかではLGBTs事業統括部長という肩書で活動させていただきました。
JASH以外ではQueer&Ally(くぃあ・あんど・あらい)という団体で池袋を中心にセクシュアリティや年齢に関係なく参加できる交流会などを開催してきました。

これまで「性の健康」という広い切り口で活動してきたJASHですが、「性の健康」、そもそも「性」についての発信していくことの難しさを感じることもありました。

最近は「LGBTs」という言葉が新聞やニュースのタイトルに
使われるほど以前に比べて、格段に知られるようになりました。
「LGBTs事業に特化」したように思われるかもしれませんが、
伝えたい想いは今までもこれからも変わりません。

「性の話」は恋愛や妊娠、結婚というものだけではなく、
自分とはどんな人間なんだろう、人とどうやって関わっていけばいいんだろう、という生き方にもつながるものです。

その生き方につながる悩みを理解されず、一人で抱えがちな今の社会を変えていきます。

そもそも「悩まなくいい社会に」、そして悩んでも「一人ではない。いっしょに悩んでくれる人がいる。」と思えるような社会に。

「代表らしさ」と世間で呼ばれるような素質があるかないか、言われるとないような気がします。そんな「頼りなさ」があるとは思いますが、みなさんの応援やお力を借りながらも
また、あらたにJASHは前に進んでいきたいと思います。

JASH日本性の健康協会 新代表 はる