JASH

Japanese Association of Sexual Health

topicpath

2014年

3月

14日

第1回性の健康カンファレンス おしえてJASH 終了しました!

2014年3月9日(日)、JASHの今年の中核イベントである性の健康カンファレンス『おしえてJASH』を葛西区民館で開催しました!
第1回目となる今回、プレゼンターも含め26人の参加者でカンファレンスを開きました。

前半は4人のプレゼンターがそれぞれのテーマで15分程度お話をしました。今、一番伝えたいことを中心に話し、参加者に考えるきっかけにしてもらい、質問を受けつけるというのが今回の趣旨です。

 

トップバッターは性暴力等のピアサポート活動をしているあみちえさん。強姦神話やサバイバル・スキルの話などご自身の体験からのお話があり、性暴力被害者に対する偏見や固定観念がとても根強いことなどを分かりやすくお話していただきました。ふだんから明るいあみさんですが、彼女が伝える「幸せになっていいんだよ」というメッセージには重みがあります。

 

2番目はQueer&Allyのはるさんです。Queer&Allyは「誰もがQueer(変わり者)であり、誰もがAlly(理解者)である」を掲げ、20人に1人はいるLGBTsの人々も笑顔で自分らしく生きられる社会をつくっていくために活動しています。何度かはるさんのスピーチを聞いていますが、当事者自らが壇上に立つことで、一般の人たちがLGBTを身近に感じられる話しをしてくれます。

 

3番目は性戯の味方☆水嶋かおりんさんです。性風俗嬢講師であり、多方面で活躍するエッチなお姉さんは性風俗の種類といった基礎的な話をビジュアルを見せながら説明してくれました。そして今、風俗業界で起きている問題など、プロの立場からのお話をしていただきました。

 

最後はゲストスピーカーの特定非営利活動法人OC普及推進事業団理事長のおおいわさちこさんです。

ピル服用者たちが集うSNSコミュニティからスタートした、OC普及推進事業団、通称 える・おーしぃの理事長を務め、毎月首都圏でピルの勉強会を開催されています。OC(=低用量ピル)の知識のおさらいから、まだまだピルに対する偏見の根強い日本の現状などお話していただきました。

 

後半は休憩時間にプレゼンターへの質問を参加者の方に書いていただき、その質問に答えるパネルトークをしました。匿名で紙に質問を書くという形式はみなさん参加しやすいんですよね。たくさんの質問をいただきありがとうございます。答えられなかった質問は、今後月曜更新の「おしえてJASH」の中で答えていきますのでお楽しみに♪

また、JASHは悩み相談を受付ております。小さなことでも、どこに相談したらいいか分からないようなことでもいつでもご相談ください。

 

☆☆☆

 

性の健康カンファレンスの目的は4つあります。

 

1. 性について、今どのような問題があるのかを活動家、専門家、関心層の間で共有し、問題解決に向けた対策を共に検討していく

2. カンファレンスを通して、JASHメンバーの相互理解を進め、結束を強める

3. プレゼンの内容や表現力をお互いに高め合う機会にする

4. JASHの活動や目的を知ってもらう

 

JASHの役割は、それぞれのJASHメンバーが活動を続けていけるように、サポートしていくことなのだなとひしひしと感じるイベントでした。そのためにも活動家さんをケアする事業もやっていきたいと思っています。分野はもちろん価値観や考え方もそれぞれみんな違いますが、『性の健康』につながっている仲間たちの集合体としてJASHは存在していきたいと思います。

 

次回は5月18日(日)に飯田橋の東京ボランティア・市民活動センターで開催します。

詳細は随時お知らせしますので、みなさんまずスケジュール帳にメモメモしておいてくださいね。

 

JASH公式キャラクター『ぴなっちば』も初登場!

後半はJASH代表とプレゼンターによるパネルトークをしました!


※性の健康はデリケートな分野であるため、画像の掲載には細心の配慮をしております。イベントなどの画像は会員様および参加者様向けに別途公開しておりますので、ご連絡ください。