JASH

Japanese Association of Sexual Health

topicpath

2014年

6月

19日

船橋みらい大学:まじめに伝えたいシモネタの話 ~船橋北口ビアガーデン~

6月9日、船橋みらい大学に副代表のイノマタが登壇しました。

 

船橋みらい大学はNPO法人情報ステーションさんが主催している、生涯学習コミュニティです。誰もが講師に、誰もが生徒になる事ができる市民大学というコンセプトで新しくはじまった取り組みです。情報ステーションさんは千葉県で民間図書館を作っているNPO法人で、JASHでも図書館をよく利用させていただいています。

http://www.infosta.org/future-u/


今回は前回の代表の登壇に引き続き、第二回JASH定期講演ということで、「まじめに伝えたいシモネタの話」と題して、副代表イノマタがアメリカ留学中に受けたヒューマンセクシュアリティの授業のお話をしました。実際に大学で使っていたテキストブックも持っていきましたが、性器の写真あり、体位の絵あり、ラブグッズありのテキストブックにみなさん興味津々でした。いわゆる日本では、脚フェチとか匂いフェチとか言われているフェティシズムの話、異常性欲や露出趣味の話など、大学で教授が話してくれたことなどもシェアしました。

今までJASHメンバーの中で話すことはあっても、一般の方向けに大学で勉強したことを話す機会はなかったので、よい機会となりました。またブラッシュアップして楽しいお話ができるようにしていきたいと思います。

 

今後もJASHは講師を船橋みらい大学へと送り込んでいきます!

 

ちなみに6月9日はシックスナインの日でした。英語ではsixty-nining、フランス語でお上品に言いたい場合はsoixante-neufです!