JASH

Japanese Association of Sexual Health

topicpath

2015年

12月

21日

12/21 市立川越高校『ぐっさん保健室』講演

本日、市立川越高校で『ぐっさん保健室』講演をお届けしました。この時期の講演は寒くて生徒さんもつらいですが、全校800人の生徒さんたちに聞いていただきました。スライドが変わるたび、盛り上がり反応がとてもよかったです。後半の包茎や男性ホルモンの話になるととても静かになる瞬間もありました。ストレートな話のため、気恥ずかしさも感じる内容ですが、「AVと実際のセックスは違うんだよ」「セックスは相手がいるんだよ」と大人の男性から聞く機会というのはそうはないと思います。そういう意味ではとても貴重な講演をお届けしていると思います。講演後にTwitterで感想を書いてくれる生徒さんもいて、とてもうれしかったです。

(レポ:イノマタ)

 

今年は3つの高校で全校生徒を対象に講演をしました。これまでにない体験でとても緊張したし、とてもエキサイティングだったし、意外になんとかなるって自信もつきました。

自分たち世代が受けたような性教育ではなく、生徒たちが一番知りたいこと、悩んでいることに率直に答えること、それがぼくのスタイルです。正解とか間違いを解くよりも、ひとりの元・思春期としての素直な思いで彼らの「?」に答える方がきっと響くだろうと思ったからです。

生徒たちから届く事前アンケートを読むのはとても大変な作業なんですが、しばらくはこのスタイルで続けてみようと考えています。もちろん、講演依頼も絶賛受付中でございます!

 

(JASH船長 山口)

 

※写真掲載については、学校様の了承を得ております。